鬱病 治し方 食べ物

突然ですが、あなたは次のような症状を感じることが多いですか? 

 

 
  • 落ち込みやすく、気持ちが沈みがち
  •  

  • もしかして自分は癌ではないのか?
  •  

  • 旅先で不慮の事故に見舞われるのではないか? 
  •  

  • 家族の誰かに何か悪いことが起こるのではないか?  
  •  

  • 腹を立てやすく、すぐにイラッとくる   
  •  

  • 元気な意気込みが出ず、全ての事に集中できない  
  •  

  • 休憩しても、しっかりと休養することが出来ない   
  •  

  • マイナス思考で悪い方悪い方へと考えてしまい、いつも不安やあせりを感じる  
  •  

  • 何をしていても、いつも面白くない

 

ご自身でも、何か「鬱病」や「不安症」のような気がする…などと思っておられませんか?

 

 

そこで、鬱病治し方食べ物を変えてみるというのがあるというので掘り下げてみました。

 

鬱病の治し方で「食べ物」っていうのはアリ?

 

上記のような状態が続いておられるなら精神的なストレスが大きすぎる、さらに神経伝達物質のセロトニンが不足気味なのかもしれませんね。

 

 

では、こんな「鬱病」「不安症」のような状態の時にはいったいどうすれば以前のように心身ともに元気な自分に戻れるのでしょう?

 

 

 

 

そもそも、気持ちを前向きにしたり不安を和らげる、といったことが食べ物を変えるだけで効果が期待できるのでしょうか?

 

 

不安を和らげるには、いつもセロトニン(気持ちをコントロールするうえで大切な働きがある神経伝達物質)が十分でなければならないようです。

 

 

長い間、緊張状態が続いたり、日光を浴びるチャンスが僅かな日々を送っていすると、セロトニンが足りなくなってしまうそうです。

 

 

 

 

セロトニンが足りないと、睡眠の質が落ちたり、プレッシャーをいっそう感じやすくなる状態になります。

 

 

セロトニンの分泌が期待できる食べ物にはどのようなものがあるのでしょう?

 

 

乳製品やバナナ、大豆食品、魚・肉(赤身)、ナッツ、種実類などは、セロトニンの分泌を促すのに役立つ食べ物です。

 

 

また、カカオに含まれるポリフェノールは、気分を穏やかにし、幸福感を持たせるので、不安の症状をやわらげるようです。

 

 

魚でもとりわけサーモンやマグロや鯖、鰯が良いようです。

 

 

 

 

米やアーモンド、チーズや魚介類にはセロトニンの素となるトリプトファンが含まれ、納豆や豆腐などの大豆製品も鬱病や不安症に効果があると言われています。

 

 

しかし、よりストレートにスピーディに効果を実感するには、セロトニンの分泌を促すことに特化した成分をサプリで補うのがベターだと思いませんか?

 

 

ドクターポジティブイとは?

 

ただ、セロトニンの分泌をを促すだけではこれまでのサプリと何ら変わりなく、実はこれまでのサプリように1方向からだけのサポートでは、効果を実感できない方が多くいらっしゃったということです。

 

 

ところが、1方向からだけではなく「思考」「肉体」「体内環境」といった3つの方向からサポートすることでようやく、前向きな気持ち作りに成功したのです。

 

 

 

 

『Dr.positiV(ドクター・ポジティブイ)』です。

 

 

ドクターポジティブイは、天然由来の成分が配合されたサプリメントで、心の中に多くの休息と栄養分を与えてくれます。

 

 

とりわけセロトニンの役目をサポートしてくれるところが大きなキーポイントです。

 

 

セロトニンは、脳内ではたらく神経伝達物質の一つです。

 

 

人の心理や感情の管理、心の安定に強く関与していてセロトニンが足りないと、脳の働きが悪くなったり、精神の均衡を保つことができなくなったりします。

 

 

鬱病や不安症の原因は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンのの分泌が足りないことが原因といわれています。

 

 

セロトニンは安眠や精神の安定に関わる物質で、足りないと入眠障害や不安感などマイナスの精神状態に見舞われやすくなります。

 

 

実際のところ、うつ病の治療薬としてとりわけ数多く使われるSSRIという化学薬品は、セロトニンの不足を予防して神経の伝達機能を良くする効果が期待できます。

 

 

セロトニンは、体内で作ることが出来ないので、食べ物でしか摂ることができません。

 

 

食べ物から摂るとはいえ、なかなか毎回の食事でセロトニンに気を配るのはたいへんなことです。

 

 

そこでドクターポジティブイを、1日の目安量として2粒飲むことでセロトニンをサポートしてくれます。

 

 

さらに、規則正しいい生活や日光を浴びる、軽い運動を意識されることでドクターポジティブイの効果がいっそう活きてくるでしょう!

 

 

ドクターポジティブイは成分も天然成分配合なので副作用はなく、安心して続けることが出来ますヨ。

 

 

→ドクターポジティブイ もっと詳しくはこちら!

 

 

まとめ

 

毎日気分が沈みがちで、いつも不安と背中合わせ。まるで「鬱病」か「不安症」のような状態…。

 

 

このような状態はセロトニンが不足しているのかもしれません。

 

 

乳製品や肉、魚、ナッツなど種実類には、鬱や不安を解消するセロトニンの素となる成分が含まれています。

 

 

しかし、1方向からだけのサポートでは心身ともに前向きな状態になるのが難しく、「思考」「肉体」「体内環境」の3方向からサポートすることで初めて心身ともに元気になると言われています。

 

 

3方向からのサポートに初めて成功したのがドクターポジティブイです!

 

 

ドクターポジティブイを飲まれた方は、ほぼ1ヶ月ほどで心身ともに前向きに元気になることができたと、口コミされています。

 

 

→ドクターポジティブイ もっと詳しくはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加