うつ病 中学生 薬

 

世間では、ストレスから心身に何かしらのトラブルに気づいている人もたくさんいらっしゃいますね。

 

心身に深刻な影響をもたらすといううつ病は、年々増加傾向にあるようです。

 

うつ状態に陥るのは、大人だけではなく最近では小中学生が大人と同じような「うつ」に陥る傾向があるようです。

 

 

 

 

もしも、あなたのお子さんがうつ病になってしまったら…。

 

怖くて、ちょっと想像できないかもしれませんね?

 

あるいは、すでにそんな傾向が見えるお子さんをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

大人でも受診するのに抵抗があるという医療機関の精神科や心療内科。抗うつ剤と呼ばれる、副作用のキツい薬を飲み続けなければならない恐怖、など…。考えれば心が痛みます。

 

 

何か、うつ病傾向の中学生でも飲める良いはないものか?と探しておられるのでしたら、コレがとてもおすすめです!

 

うつ病になってしまった?!中学生には薬ではなくまずはコレを!

 

中学生とは言え、医療機関や心療内科を受診すると抗うつ剤と呼ばれる薬が処方されるようです。

 

 

ですが、大人にとってもキツい薬の抗うつ剤を中学生のお子さんに与え続けるのは不安が付きまといます。

 

 

 

 

→ 抗うつ剤の副作用って?

 

 

そこで薬ではなく、まずはメンタルサプリと呼ばれるサプリメントをお試しになってみてはいかがでしょう?

 

 

おすすめのメンタルサプリは
【ドクターポジティブイ】といって、天然由来のハーブの力でうつ病を改善していくというもの。

 

 

 

ハーブでうつ病が治る?と思われたかもしれませんが、実は昔から西洋ではうつ病の治療薬としてハーブが使われていました。

 

 

最近では、この手のサプリがたくさん出回っています。

 

 

しかし、これまでのモノは気持ちに飲みフォーカスしたもので、実際に効果を期待できるのは、「思考」「肉体」「体内環境」の全てにサポートしてくれるものでなければ、効果を実感しづらいようです。

 

 

 

 

それでも、果たして本当に中学生が飲んで効果が期待できるのかしら?副作用は?など気になりますね?

 

 

→ ドクターポジティブイには副作用があるの?

 

 

天然由来の成分でできたドクターポジティブイは、副作用がありません。

 

 

少なくともこれまでは、副作用の報告はないということです。

 

 

ドクターポジティブイには30日間の全額返金保証が付いています。

 

 

注文日から30日以内であれば、まずは電話連絡をすることで全額返金してもらえますので、お試し感覚でご利用できますヨ。

 

 

→ ドクターポジティブイの解約や返金規定についてはこちら!

 

 

ごらんのように、ドクターポジティブイのホームページの「Q&A」では小さなお子でも安心して飲める旨が掲載されています。

 

 

ふるさと和漢堂という株式会社が【ドクターポジティブイ】専用の医療チームを結成、開発・販売しています。

 

 

 

 

2019のモンドセレクションにおいては、金賞を受賞しています。

 

項 目 内 容
会社名 ふるさと和漢堂 株式会社
所在地 〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-5-6 SKビル5F
役 員 代表取締役 新竹 政宏
創業/設立

創業 2016年3月(グループ会社の事業部として発足)
設立 2017年8月2日

資本金 7,000,000円
事業内容 健康食品・化粧品の通信販売
取引銀行 福岡銀行
沿 革

2016年3月 グループ会社の事業部として、はかた和漢堂の屋号にて商品開発を開始
2017年8月 法人設立に伴いふるさと和漢堂株式会社へ商号を変更

法務顧問 弁護士法人福田・木下総合法律事務所

 

 

 

 

中学生のうつ病 心身のサインは?

 

小中学生は自分の心と肉体の異変を両親に伝えることが困難なことや、「まさか、子供がうつ病?!」など、大人の思い込みから、子供の異変を察知するには時間がかかることもあります。

 

 

もしも子供がうつ病になった場合、親はいかに対処すると良いのでしょうか?

 

 

小中学生のうつ病の原因の多くは、ストレスへの抵抗力の弱さと言えます。

 

 

子供の生まれながらの性格による根っからのものが多く、ただの冷やかしなどでうつ病になってしまうこともあるようです。

 

 

また、転校して雰囲気に慣れない、友達ができない、勉強が難しい、勉強ができるのでいじめを受ける、など環境の変貌にもろいケースも同様です。

 

 

 

 

ほかにも、両親の不仲、親からのいじめなどが原因でうつ病に見舞われることもあります。

 

 

いじめの内容は、無視されたり、仲間外れなどのうっとうしいものが多く、SNSを使ったいじめも最近では増えているようです。

 

 

これらは周囲から気付かれにくいため、とくに注意が必要です。

 

 

子供は自身の感情を表現し辛く、身体的な症状や行動面での症状が分かり易いようです。

 

 

精神的症状

  • 無表情になってきた
  • 何に対してもやる気がなくなり
  • 集中力がなくなった

 

 

中学生の場合は、気分が落ち込むことより、むしろイライラする気持ちが強くなる傾向のようです。

 

 

身体的症状

  • 夜なかなか寝つけない、夜中に目が覚めてしまう
  • 明け方に目が覚める
  • 食欲減退
  • 朝は不調で、夜になると元気になる
  • 身体がだるくなる
  • 興味が失せる
  • 意欲がなくなる
  • 競争心がなくなり学習意欲も失せる
  • 自虐行為や自殺を企てるなどの行動面で変化がでてくる場合も…

 

 

まとめ

 

最近では大人だけではなく、小中学生が「うつ」状態になる傾向が増えています。

 

 

医療機関を受診した方が良いのか?そうすると抗うつ剤が処方されるし…と悩んでおられる親御さんに耳寄り情報です。

 

 

大人でも抵抗がある医療機関を受診したり、副作用のキツい薬を処方される前に、まずはメンタルサプリで様子をみられては?

 

 

 

 

「これを飲むと元気になるよ」といって与えてあげると、もしかして少しずつ前向きな気持ちになってくるかもしれません。

 

 

ドクターポジティブイには全額返金保証がついているので、お試し感覚で飲んでみられてはいかがでしょう?

 

→ 気になる口コミはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加