セロトニンを増やすには

 

毎日の生活でイライラするシーンが多いと、心身に多くの悪影響が出ることが分かっているようです。

 

 

ストレスで心身が壊れないよう、できる限りストレスを和らげるのが重要ですね。 ここで着目したいのが「セロトニン」です。

 

 

セロトニンは神経伝達物質といって気持ちを安定させ、ストレスを緩和させる作用があります。

 

 

逆にセロトニンが足りないと、うつ病など精神的な疾患におちいることがあります。

 

 

ストレスに打ち勝つ心身を構築するには、しっかりとセロトニンの分泌をアップさせていくことが望まれます。

 

 


では、セロトニンを増やすにはどうすれば良いのでしょう?

 

【セロトニンを増やすには】前向きな気持ちになるにはどうすれば?

 

セロトニンを増やすには、

  • ウォーキングやスクワットなど、軽い運動
  •  

  • セロトニンの作り出す素となる必須アミノ酸のトリプトファンが含まれている食事を重点的に摂る
  •  

  • 日光に当たるようにする

 

…等があります。食事で言えば、乳製品や大豆製品、バナナ、肉、ナッツ類、魚介類を中心とした食事にシフトします。

 

 

しかし、手っ取り早いのはセロトニンが多く分泌されるようになるメンタルサプリを導入することです。

 

 

おススメのメンタルサプリは
「ドクターポジティブイ」です。

 

 

 

 

ここで一つ注意点として、これまでのメンタルサプリでは、ただ思考にのみ訴えかけるサプリが大半で、効果を実感しない人が多くおられたようです。

 

 

しかし、ドクターポジティブイは思考・肉体・体内環境という3方向から同時にアタックするメンタルサプリ。

 

これは心身ともに前向きにならないはずはない、といえるほど万全なサプリのようです。

 

 

ドクターポジティブイは、2019年モンドセレクションにおいて金賞を獲得しました。

 

 

 

思考・肉体・体内環境の3方向にアプローチ

 

私たちの気持ちと密接につながっているのが、思考・肉体・体内環境といわれています。

 

 

この3つのどれが欠けても気持ちの安泰が崩れることになるようです。

 

 

これまでのようにメンタルサプリなどでセロトニンの分泌を促すだけでは、気持ちが前向きになり辛いことが分かってきました。

 

 

 

 

心身ともに前向きになるには、思考・肉体・体内環境の3方向に同時にアプローチして初めて、心身の安泰が図れることが分かってきたのです。

 

 

では「そんなことができるの?」と疑問が頭をもたげますが…

 

 

先に申し上げました「ドクターポジティブイ」を1日目安量の2粒を毎日飲むだけで、しだいに思考・肉体・体内環境が前向きに改善されてくるようです。

 

→ドクターポジティブイの効果的な飲み方とは?

 

 

専門医療チームの監修の下、実感力と安全性が徹底して追及されたドクターポジティブイは、まさに思考・肉体・体内環境の3方向にアプローチさせることに成功したのです。

 

 

 

 

人間は、特に人の気持ちは思考・肉体・体内環境の3つのバランスがとても必要とされています。

 

 

私たちの気持ちは、この3つのバランスが整っていて初めて健康であると言えるのですね。

 

 

どれか一つだけにアプローチしても、心のバランスは直ぐに崩れてしまうようです。

 

 

ドクターポジティブイ 主な成分の働き

 

では、ドクターポジティブイの成分の働きをひも解きましょう。

成分名 主な働き
サフランエキス

メインの成分クロシンには、睡眠作用があって、質の高い睡眠は脳の疲れを取り去ります。
また、質の高い睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が促されます。
成長ホルモンには細胞の組織を修繕したり、免疫機能を向上させたりする力があります。
睡眠の質が悪くなって、疲れが取り去れないと、決断する力や思考力、あらゆることにわたる気力がダウンします。
すると、仕事や主婦業もうまくいかず、メンタルなストレスがたまってきて、うつ状態に向かうことがあります。

米ぬか発酵 GABA

癒やしをもたらす成分としてよく知られているGABA(ギャバ)。
われわれの身体の中にもある天然のアミノ酸の一種で、体内で神経伝達物質の役割を果たし、ストレスを抑えて脳の興奮を軽くする効き目があるとされている成分。
身体を解きほぐす働きがあるので、熟睡にも効果があることがわかっています。

イミダゾールペプチド 成分には抗疲労効果があります。また、他の抗酸化物質よりもレベルの高い抗酸化作用があるとされています。
クワンソウ

オキシピナタニンが多量に含まれていることが近年のリサーチによって明白となり、寝つきのひどさや、夜中の中途での目覚め、早く目が覚めてしまうなどの睡眠に関した問題を解決する作用があることが分かってきました。
睡眠薬ではない不安のない効果で安眠を誘引し、入眠障害の改善効果や途中での目覚め防止効果が期待されています。
また、ストレスの緩和にも効果が期待でき、自律神経を正常にキープするので、自律神経のバランスがうまくいく効果が期待できます。

有胞子性乳酸菌

一般的な乳酸菌とは違って、殻に包まれた「胞子」のような感じになるのが特色です。
殻で保護されているため、酸や熱に強く、腸までバッチリ届くことが出来ます。
また、腸内では悪玉菌を抑制してビフィズス菌などの善玉菌を支援します。

黒ショウガ

ショウガ科バンウコン属の植物で、メジャーなショウガには見られないポリフェノール「ポリメトキシフラボノイド」が入っています。
滋養に関係する健康食材として黒ショウガが大人気であるのは、この「ポリメトキシフラボノイド」が組み込まれているからです。
他にも黒ショウガは、機能成分として十数種類ものフラボノイド類が入っています。

 

 

まとめ

 

セロトニンを増やすには、ウォーキング等の軽い運動をはじめ、セロトニンの素となるトリプトファンを多く含む食事を中心にして、日光にあたる時間を作り、熟睡する…

 

 

こういった毎日を送ることで、ある程度はセロトニンの分泌が促されるかもしれません。

 

 

しかし、もっと手軽に確実にセロトニンを増やすには、ドクターポジティブイという3つの方向(思考・肉体・体内環境)からアプローチできるメンタルサプリを飲むことでそれほどの期間を要することなく、心身共に前向きになられる方が多くいらっしゃいます。

 

→ドクターポジティブイ もっと詳しくはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加