ドクターポジティブイ 副作用

何だかこのところ、「うつ」ぽいけれどメンタルクリニックのハードルが高くて受診するのにとても勇気がいります。

 

とは言え最近は、メンタルクリニックのハードルもかなり低くなり、若い女性の間では、メンタルクリニックに通うことがいわば社会現象になっていると聞いたことがあります。

 

 

 

でもやっぱり私なんかは、メンタルクリニックや精神科で診てもらうのは、勇気がいります。でも最近はメンタルサプリなるものが登場していて、気が楽と言えば楽です。

 

例えば、「うつ病」を、最近注目のメンタルサプリ【ドクターポジティブイ】で何とかしてみる、ということを考えてみました。サプリだと飲むだけでいいので…。

 

 

ところが、新たに立ちはだかるのが副作用の問題です。そこでドクターポジティブイの副作用はどうなのか?気になるので調べてみることにしました。

 

専門の医療チームが薦めるドクターポジティブイ!副作用はどうなの?

 

いろいろとサーチをした結果、結果から申し上げますと…

 

ドクターポジティブイは、そもそも天然由来の成分で作られているので副作用の心配はないということです。

 

安心安全にこだわり抜いた無添加の自然由来のサプリなので副作用の心配はまず、ないと言えそうです。

 

 

実際、ドクター・ポジティブイを飲んで副作用が出た、といった報告は、少なくともこれまではなかったようです。

 

 

また、中国産の原料や遺伝子組換えの原料は一切使われていないということも、大きな安心材料となります。

 

 

さらに、古いバージョンのドクターポジティブイには、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)が配合されていましたが、セントジョーンズワートは薬との相互作用の報告があるということで、新しいドクターポジティブイには一切配合されていません

 

 

 

 

ドクターポジティブイの原材料は、専門の医療チームの監修の下、厳選された最適な配分といえます。

 

 

ドクターポジティブイはハーブの力で前向きに気分転換!

 

「うつ病」にはハーブが効果的だと、かつて耳にしたことがありました。

 

 

最近私は「うつ病?」と思えるような症状があるため、以前のようなプラス思考の前向きな私に戻れるなら、ある程度はチャレンジしてみたいと考えていました。

 

 

抗うつ剤で有名なSSRI(パキシルなど)では抗うつ剤で中枢神経が刺激され、不安や焦り、イライラが急に高まることがあるようです。

 

飲み始めのころには睡魔に襲われたり、食欲がなく、不幸がのしかかるのではないか?不慮の事故に見舞われるのではないか?などの不安を常に感じるようです。

 

 

電車に乗れなくなるなどのパニック症候群のような症状が出る人もいるようです。

 

 

抗うつ剤を飲んでいた人は二度と、抗うつ剤の副作用で苦しむのはゴメンだと思っておられるようです。

 

 

医者から処方される抗うつ剤に比べ、メンタルサプリであれば、強力な効き目が即効あらわれる医薬品に見られるような副作用はないのでは?

 

 

と期待を抱いてドクターポジティブイに白羽の矢を当てたのでした。

 

 

同時に、かつて耳にしたハーブのことを思い出しました。

 

 

そういえばドクターポジティブイというメンタルサプリには、サフランエキスというハーブが配合されています。

 

 

 

 

セロトニンを重視する人のためにハーブの力をたっぷりと配合しているようです。

 

→ドクターポジティブイの成分はこちら!

 

 

まとめ

 

どちらかと言えば軽めの「うつ病」であれば、メンタルサプリを毎日欠かさず飲むことで、1ヶ月もすれば、かなり前向きになることが実感できるようです。

 

 

ドクターポジティブイは、天然由来の成分で作られているので基本、副作用はないということが分かりました。

 

 

安心して飲むことが出来ますね。

 

 

もちろん効果のあらわれ方には個人差があるので、どれくらいで効くとは一概には言えません。

 

 

しかし、口コミでは多くの方がドクターポジティブイを飲み始めて1ヶ月ほどで前向きになっているのを実感した、とされています。

 

→ドクターポジティブイの口コミはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加