抗うつ剤 副作用

 

鬱病などの治療法には、抗うつ剤がよく使用されます。でも私なんかは、抗うつ剤といえば何だかよく分からない印象がありまます。

 

以前は抗うつ剤は副作用がキツかったようですが、昨今ではいろんな種類の薬が流通していて、副作用自体少なくなっているそうです。が…

 

 

 

そんな抗うつ剤にはどんな副作用があるのでしょうか?調べてみました。

 

抗うつ剤の副作用はどんな症状が出るの?

 

一般的には、便秘や口の渇き、めまいや眠気、体重が増えてくることがあるようです。

 

また、胃腸障害として吐き気や下痢、さらに性機能障害や不眠などが、抗うつ剤のよくある副作用と言われています。

 

 

抗うつ剤には、次の様な薬があります。

  • SSRI→パキシル・ジェイゾロフト・レクサプロ
  • SNRI→サインバルタ・イフェクサー・トレドミン
  • NaSSA→リフレックス/レメロン
  • 三環系抗うつ薬→アナフラニール・トフラニール・トリプタノール
  • 四環系抗うつ薬→ルジオミール・テトラミド
  • その他→デジレル/レスリン・ドグマチール・エビリファイ

 

 

また、うつ病と関係している神経伝達物質には、次のような物質があります。

  • セロトニンが不足すると不安や落ち込みの症状があらわれます。
  • ノルアドレナリンが不足すると気力ややる気が低下します。
  • ドーパミンが不足すると物事に対する関心や愉しみの気持ちが減退します。

 

 

抗うつ剤の副作用が見られた場合、以下のように対処すると良いそうです。

  • 見るからに尋常でないとき→薬を中止します
  • 日常生活に大きな支障がある→薬を中止します
  • どうにか日々の生活はおくれる→数日がまんをして様子をみます

 

 

副作用はどういったものでも、時間が経過すれば慣れっこになっていくことがあるそうです。

 

 

どうにかなるかもしれない場合、出来れば2〜3日そのままにされると慣れていくことがほとんどだそうです。

 

 

確実に慣れっこになってくれればいいのですが、副作用が続く場合は以下のような解決策を考えねばなりません。

a.薬を減らす
b.他の薬にかえる
c.副作用をやわらげる薬を追加する

 

 

これらは効果と副作用のバランスなどから考慮されるようです。

 

 

抗うつ剤の効果が十分ならばaですし、薬を続ける利点があればcとなるようです。

 

 

副作用によっては、日常生活で改善が見込めるものもあります。

 

 

 

 

うつ病は多くの症状が出ながら進んでいく病です。

 

 

多くのうつ病患者さんは、神経伝達物質の均衡がとれないために、覚醒状況が続いて睡眠がとれなくなることがあります。

 

 

睡眠障害が発症するときは、うつ病の治療法としては睡眠薬を治療の初めの段階から併用します。

 

 

まずは睡眠障害の症状を減らしながら、うつ病を治していきます。

 

 

そこで、うつ病の治療法としては、睡眠薬との相互作用の少ない抗うつ薬が必要なります。

 

 

 

まとめ

 

抗うつ剤は以前に比べて副作用は少なくなっているそうです。とは言え、抗うつ剤はサプリと違って効き目が早いため、それだけ強い成分が配合されていると言われます、

 

 

うつ病に使われる抗うつ剤の副作用としては、眠気や逆に睡眠障害、めまい、胃腸障害としては吐き気や下痢、性機能障害が現れることがあります。

 

抗うつ剤の副作用は、眠気など我慢できる症状であれば、我慢することで、だいたいは薬が身体に慣れっこになる場合もあるようです。

 

 

もちろん、見るからに尋常でないときや日常生活に大きな支障がある場合は即刻、薬を中止します。

 

 

しかし、何とかなる場合には数日様子をみることで薬が身体に慣れてくる場合もあるようです。

 

→ドクターポジティブイの副作用は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加